--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #12

最終話。ジルとニーバが最終決戦に突入です。
Read more...
スポンサーサイト
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #11

今回は記事を書いてる途中で都合により放置しちゃって…(><。
ちょっとざっくり気味の記事になりました。思い出しながらの感想ですので、いつも以上に変なことを書いてるかもしれません。
Read more...
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #10

クライマックスはこのあとすぐ!みたいなお話でした。
Read more...
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #9

ギルガメス王が自身の影とほぼ同化してしまいました。
Read more...
ニーバの目的がまた少し明らかになって、塔の中でもいろいろ起こって、そして外の世界でも…、というお話でした。

ドルアーガの塔 the Sword of URUK #8

ほぼ全篇シリアスで、何だか重い空気ですよ。
その中でメルトとウラーゴンだけが空気を読んで(読まず?)、楽しい雰囲気を作ってます。メルトとクーパのコンビがいいわぁ。ジルパーティと合流決定おめでとう。
Read more...
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #7

二度と会えない人と会える場所。穏やかで幸せで、居心地がいいけれど…すべては幻。
この作品がバトルやコメディだけではないところを見せた、ちょっと心に沁みる、いいお話でした。
Read more...
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #6

前回に続いて次の階への扉を探すお話でした。
その中での注目点は、塔の中は時間の進みが違っていることと、ヘナロの言動には何か理由があることが判明したことです。
Read more...
2009
02
06

ドルアーガの塔 ~the Sword of URUK~ 第5話 「影の国」 感想

ドルアーガの塔 the Sword of URUK #5

幻の塔への階段を登り、乾燥した大地に降り立った、というより落っこちてきたジル一行。ここは本当に塔の中なの?っていうほどの広さで、地平線さえ見えます(^^;
Read more...
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #4

今回はコメディ成分がほとんどありませんでした。ほぼシリアス。ここまでで明かされなかったいくつかの謎が語られました。
Read more...
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #3

オチでどうヒネるのかな、と思ってましたけど(笑)。
Read more...
この作品、シナリオも面白そうだけど魅力的なキャラも多いと思うのです。

ドルアーガの塔 the Sword of URUK #2

ジルたちがカイを捜索する黄金騎士団を振り切っていよいよ冒険に旅立ちました。今回のお話はそれだけだったのですけど、それに至るまでがいろいろあって面白かったです。
Read more...
ドルアーガの塔 the Sword of URUK #1

こういう雰囲気の第2期の第1話ってすごい好きカモ。小説などでよくある、前作で壮大な偉業を成し遂げたパーティなんだけど、世間には認められずに、次作のスタートではみんなそれぞれひっそりと寂れた生活からはじまる…というの。
ここから彼らが再結集してまたスゴイことをやっちゃうっていう期待感があるのですよ!(゚∀゚)
Read more...

SEARCH

RECENT ENTRIES

CATEGORY

openclose

Calendar

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
2016年12月 (1)
2016年10月 (21)
2016年09月 (45)
2016年08月 (31)
2016年07月 (40)
2016年06月 (33)
2016年05月 (40)
2016年04月 (53)
2016年03月 (27)
2016年02月 (34)
2016年01月 (67)
2015年12月 (53)
2015年11月 (61)
2015年10月 (61)
2015年09月 (39)
2015年08月 (68)
2015年07月 (73)
2015年06月 (44)
2015年05月 (59)
2015年04月 (55)
2015年03月 (69)
2015年02月 (69)
2015年01月 (81)
2014年12月 (62)
2014年11月 (64)
2014年10月 (60)
2014年09月 (54)
2014年08月 (49)
2014年07月 (37)
2014年06月 (61)
2014年05月 (66)
2014年04月 (66)
2014年03月 (97)
2014年02月 (86)
2014年01月 (95)
2013年12月 (62)
2013年11月 (62)
2013年10月 (67)
2013年09月 (75)
2013年08月 (85)
2013年07月 (92)
2013年06月 (78)
2013年05月 (82)
2013年04月 (79)
2013年03月 (63)
2013年02月 (47)
2013年01月 (50)
2012年12月 (54)
2012年11月 (75)
2012年10月 (49)
2012年09月 (48)
2012年08月 (68)
2012年07月 (66)
2012年06月 (42)
2012年05月 (44)
2012年04月 (31)
2012年03月 (44)
2012年02月 (46)
2012年01月 (27)
2011年12月 (12)
2011年11月 (2)
2011年05月 (53)
2011年04月 (62)
2011年03月 (47)
2011年02月 (21)
2011年01月 (4)
2010年05月 (37)
2010年04月 (60)
2010年03月 (46)
2010年02月 (43)
2010年01月 (47)
2009年12月 (28)
2009年11月 (6)
2009年10月 (7)
2009年06月 (1)
2009年04月 (41)
2009年03月 (74)
2009年02月 (80)
2009年01月 (80)
2008年12月 (62)
2008年11月 (73)
2008年10月 (39)
2008年09月 (14)
2008年08月 (4)
2008年07月 (4)
2008年06月 (4)
2008年01月 (2)
2007年12月 (6)
2007年10月 (1)
2007年09月 (2)
2007年07月 (12)
2007年06月 (16)
2007年05月 (12)
2007年01月 (3)
2006年12月 (18)
2006年11月 (13)
2006年10月 (8)
2006年09月 (6)
2006年08月 (7)
2006年07月 (13)
2006年06月 (4)
2006年05月 (7)
2006年04月 (9)
2006年03月 (61)
2006年02月 (9)
2006年01月 (11)

PROFILE

Chel
Author : Chel

* おもに深夜アニメの感想/レビューを書いています。…のはずがいつのまにか朝/夕方アニメの感想が多くなってた。どうしてこうなった。
* 妄想系劇場型、思い込み脳内補完の感想記事をよく書きます。解説や考察は出来ません。

* テキストや画像の流用はご遠慮ください。
* このブログについてはこちらをどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。